雨漏り修理の費用は火災保険で安くできる

安い費用で雨漏り修理を行なう

火災保険を適用する

男性

屋根の雨漏り修理にかかる費用が気になる人は、火災保険を利用して費用を軽減させましょう。火災保険に加入していれば、保険金で修理を行なって自己負担を軽減することができます。火災保険は火事以外での被害にも適用されます。台風や雪による被害が原因で雨漏りをしていれば、保険金が下りる可能性があります。加入している人は、一度申請して適用されるか確認してみましょう。前もって加入している火災保険について調べておけばよりスムーズに保険を利用することができます。

お祝い金を支給する会社もある

修理業者の中には、修理を依頼したお客さんにお祝い金を支給するサービスを導入しているところもあります。修理を依頼したお客さん全員に行なっているサービスとなっており、修理費用の額によってお祝い金の金額が変化するという内容となっています。修理業者に契約書と申請書を送付して、業者で確認が取れたらギフトカード(お祝い金)が郵送されます。

火災保険が適用された事例

火災保険適用の可否は第三者機関が行なう

火災保険が適用されるかどうかは、保険会社ではなく鑑定資格を所有している人に依頼し、調査してもらうことで知れます。屋根を見て、台風などの風災による被害を受けているかどうかが判断のポイントとなります。調査を行ない風災被害を受けていると判断されれば、災害による被害額を算出して保険会社に報告、となります。

火災保険が適用されないケースがありますか?
火災保険は、経年劣化で屋根が壊れた場合だと保険は適用されません。本当は台風による影響でボロボロになっているにも関わらず、経年劣化だと思いこんで保険の申請を諦める……という人が多い傾向にあります。屋根が経年劣化を起こすケースはほとんどないため、風災などの影響を受けている可能性が高いです。

その他気をつけたい火災保険が使えないケース

  • 以前雨漏り修理を依頼した箇所で再発した場合
  • 新築で購入した時から雨漏りしている場合
  • リフォームで増築や屋根の塗装が原因の場合

雨漏り修理や防水工事を依頼する際は、費用を抑えるだけでなく長期的な保護ができるか選ぶことも重要です。また、火災保険に加入したり日頃からできる対策をしたりしましょう。

TOPボタン