住宅形状に適した防水工事をして劣化を防ぐ

防水工事を行なう必要性

防水工事を行なって雨漏り対策をしないと、住宅が経年劣化するにつれ被害状況が深刻になってしまいます。屋根から雨が入り込むと、屋根の木材が水を吸収し傷んでしまいます。傷んだ木材は耐久性が低下し、地震が起きた際に倒壊する可能性を持つようになります。湿気を吸い腐食した木材は白アリが好んで食べるため、更に耐久性が低くなります。それだけではなく、木材は交換できないため建て替えないといけません。早めに防水工事を行なえば、このような問題を未然に防げるのです。

工法によって異なる効果

防水対策の工法はいくつもあります。工法によって使用する塗料が違い、また塗料によって得られる効果も異なります。防水工事を考えている人は、工法についての違いを把握して、自宅に適した方法を選びましょう。

防水工事の基本

ウレタン防水
屋根に液体のウレタンを塗布する工法をウレタン防水といい、塗布することで表面に水密性の高い防水層ができます。塗布する下地に馴染みやすく、住宅形状に影響されずに防水工事を行なえるという特徴があります。以前行なった工事の防水層が残っていても、その上に重ね塗りすることができます。
FRP防水
FRPとはガラス繊維強化プラスチックの略で、この繊維のシートを敷いて行なう工法をFRP工法といいます。防水層の耐久性は高く、強度に関しては施工した上を車が走行しても問題無いくらいのレベルです。防水層は継ぎ目がなく、キレイな外観となります。上から着色しても問題無いので、屋根のリフォームも一緒にできます。
アスファルト防水
アスファルト防水は、名前の通りアスファルトを合成繊維不織布に含ませて、屋根をコーティングする工法です。昔から行なわれている工法で、アスファルトを染み込ませることによって高い防水層を獲得できます。耐用年数が長く、メンテナンスを行なわなくても問題ありません。
TOPボタン