雨漏り修理をするには原因と住宅形状の確認を

雨漏りが発生しやすい場所

雨漏りをしていることに気づいた場合は、どこから雨水が入り込んでいるのか確認しておきましょう。原因を特定しないと、被害は拡大する恐れがあります。ここでは、雨漏りが発生しやすい場所をいくつか紹介しているので、場所を特定する時の参考にしてください。

屋根からの雨漏り
家の中で特に雨漏りをしやすい場所は屋根です。雨が降ると屋根の板金に使われている釘が錆びて、板金から浮いてしまい、そこから雨水が入り込むようになります。釘が浮くと板金の固定が弛んで、強風で屋根が飛んでしまう被害が起きるのです。穴やひびが入っていれば一目で分かりますが、釘が浮いているかどうかの判断は難しいでしょう。屋根は雨による劣化が激しい場所なので、真っ先に確認することが重要です。
雨どいなどの付帯部
雨どいとは、屋根からの雨水を外壁に伝えないようにして腐食を防ぐ働きがあります。しかし、雨どいにゴミが詰まったり劣化したりすると、水が流れなくなって家の中に雨漏りを発生させます。雨どいとしての機能を失うと、外壁に雨が伝って壁から水が入る恐れがあります。雨どいからの水漏れは他の箇所にも影響を与えるため、早期に発見して解決しないといけません。
壁からの雨漏り
壁から雨漏りはしないと考える人が多いですが壁からも雨水が入ります。低い位置からではなく、屋根と壁の繋ぎ目から水が漏れるのです。原因としては屋根から入り込んだ雨水が、繋ぎ目に進入して漏れることが多いです。他にも、雨どいがなく屋根から流れてくる雨が繋ぎ目に直接入り込んでくる、という原因も考えられます。目立たない箇所なので、見逃さないように確認しておきましょう。

住宅形状によって雨漏り修理は異なる

日本はもともと木造住宅が多い国でしたが、最近は技術が進歩したことによって鉄骨造の住宅も増えてきました。雨漏り修理の方法は住宅形状によって変化するため、全て同じ方法で対処できる訳ではありません。住宅形状に適した修理をしないと、被害を防げずに悪化する可能性があります。木造住宅は木材を使用した修理を、鉄骨造の住宅はセメントで穴を修繕するのが基本となります。修理を行なう前に、自宅の住宅形状を把握してそれに適した修理方法を選びましょう。

無料調査を利用する

雨漏り修理は、専門的な知識と多くの家の修理を行なってきた修理業者に依頼しましょう。業者の中には無料で現地調査を行なっている所があります。基本的に無料なので費用が発生することはなく、負担を抑えて屋根の状態を把握することが可能です。また雨漏り修理を依頼することで、劣化している箇所の確認もできます。

雨漏り診断士が対応してくれる

男女

現地調査は、NPO法人が認定した雨漏り診断士の資格を持っているスタッフが行ないます。だから安心して調査を依頼できます。調査を行なった後、その住宅形状に合わせた雨漏り修理プランを提案してくれるので、一緒にその内容を確認し依頼するかどうか判断するとよいでしょう。

TOPボタン